ヒストリー

今や「家庭の定番メニュー」となっている麻婆豆腐。
実は時代に合わせて改良を繰り返してきています。
「麻婆豆腐の素」が辿ってきた道のりを再検証してみましょう。

1971

丸美屋は当時、中華料理専門店でしか味わうことができなかった「麻婆豆腐」にいち早く着目し、家庭用調味料「麻婆豆腐の素」として発売しました。
フライパンと豆腐があれば誰でも簡単に味わえるおいしさと簡便性で、それまであまりなじみのなかった中華料理としては、異例の大ヒット商品となり、瞬く間に食卓でも中華メニューの定番となりました。ちなみに、初代パッケージは現在のような箱タイプではなく、袋入りで、価格は120円でした。

パッケージ1978

1978

甘口を新発売。従来の商品は中辛に。翌年、辛口を新発売。3種類のラインナップに。

パッケージ1985

1985

パッケージが袋から箱に。デザインも大きく変わり、写真はより大きく、中身をわかりやすく。

パッケージ1992

1992

ひき肉入りをアピールした新しいパッケージに。写真もより鮮明に。

パッケージ2001

2001

発売30周年を記念して、ひき肉30%増量。

パッケージ2006

2006

「ごはんによく合うおいしい定番」を新メッセージとしてリニューアル。

パッケージ2011

2011

発売40周年にあたり、新メッセージ「"おかわり!"の声が聞きたくて。」が入ったパッケージに。

パッケージ2013

2013

メッセージとおいしさをより伝える新デザインにリニューアル。

パッケージ2016

2016

おかげさまで発売45周年。使い勝手の良さを伝えるため、新デザインにリニューアル。"ひき肉入り"と"2回分"を目立つようにしました。

パッケージ2019

2019

調理写真はよりおいしさを伝えるため、実際の食べるシーンに近い臨場感のあるものに変更。
また、いつもの麻婆豆腐にひと手間加えて楽しんでもらえるような"お手軽アレンジ"全12種をパッケージ裏面と中面に紹介し、表面キャッチコピーでもアピール。